この頁、第9回。(最新号)次ページ(8〜7回)

第9回おふく寄席
 2002年5月26日(太融寺) ご来場者数:約40人強
こねこ「White Dog:元犬」・つたえ「Personality:長短」・小咲「White Lion:動物園」・
楽笑「JAGANSO:蛇含草」・笑人「Robot Shizukachan:ロボットしずかちゃん」・
中村もみじ「Bancho Sarayashiki:番町 皿屋敷」



楽笑:私は英語はほとんどわかりませんが、おもちの食べ過ぎは大変苦しいということが、よく理解できました。
笑人:ロボットの演技おもしろかったです。

こねこ:おもしろかったが、筋が分かりにくかった。
つたえ:おもしろかった。
小咲:おもしろかった。元気が良かった。
楽笑:英語が分かりやすく、おもしろかった。
中入り:お茶がおいしかった。
笑人:分かりやすかった。
もみじ:お菊さんがよかった。
全体:英語を全て理解できないので、「おち」を前説していただけると・・・。あかんかなぁ・・・。

つたえ:単純なテーマなので、もう少し突っ込みが欲しかった。

たえ:長短を上手く表現されてました。ご本人は、Do you have a slow temper or a short temper?
小咲:タイガースの様にパワーとのりがあっておもしろかった。
楽笑:原作をしらないけど、おもちを食べる表現がとても迫力あって、引き込まれました。

初めて聞いた。こういう企画はおもしろい。
英会話サークルのみんなも聞いてみるといいと思う。

初めて参加しましたが、思ったよりも楽しく聞かせてもらいました。。

小咲:すごく元気で、英語の発音もきれいで楽しかった。
:リラックスして聞けた。
もみじ:声がよく通ってひきつけられ、楽しかった。

:さすが楽笑さん。前回同様、安心して聴いていられ充分たのしませていただきました。
:笑人さんにピッタリの題目です。「時うどん」「オノマトピア」よりいいですよ。
みじ:久しぶりに高座をみせてもらいました。
     いつもながらの強弱のつけ方、間の取り方、ますます安感が増した様です。

こねこ:英語は分かりやすかったのですが、噺の内容があまりおもしろくない。
もみじ:お色気もあり、すてきでした。
10
なにを目的にやっているのかわからない。
おもしろさが伝わってこない。
11
小咲:何回も聴いている演題ですが、おもしろかった。
楽笑:迫力のある演技でモチがとてもおいしそうだったし、胃もたれの時は、こっちまで気分がわるくなりそうだった。
笑人:声がよく通って、とても聞きやすかった。
もみじ:さすが、もみじさん!英語も美しく、素晴らしい演技力でした。井戸からでてくるお菊さんはセクシーでした!

 次のページへGO!