「 おちゃこさん」 by Princess Shima  ( 小学1年生)


 きのう、わたしは、らくごにでました。

わたしのしごとは、おちゃこさんです。

おちゃこさんは、らくごのステージにでて、れいをして、らくごのかみをめくります。

 わたしが、でていくまえに、まくのうしろから、のぞいて

「わ−いっぱいだな」て、おもって、すごくびっくりしました。

 ステージにでるとき、まくのうしろで、とうちゃんが、「いきや。」

てゆって、せなかをやさしくおしました。

 あるいていくとき、どきどきして、まえをむいたとき、きんちょうしていました。


「こんにちは」とおもって、あたまをさげました。

 つぎに、かみをめくるとき、「一まいずつめくるぞ。」とおもいました。


そして、かみをめくったあと、手がほかほかしていました。

 またあたまをさげて、「ありがとうございました。」とおもったよ。

それから、もどっていきました。

 らくごがおわったあと、わたしと、なみちゃんと、らくごのみなさんと、

おきゃくさんといっしょに、こねこさんの、きれいなれすとらんに、

いっておいしいおこのみやきをたべました。

たのしかったですし、おこのみやきは、さいこうにおいしかったです。

このひ一にちどきどきしたけど、たのしかったし、しょうとさんに、

「らいねんは、おちゃこさんは、やめてぶたいにでて、

らくごをやってみてね。」てゆわれたから、わたしは、

らいねんは、とうちゃんみたいに
、らくごをがんばるぞ!





2005年11月27日 「第12回おふく寄席」のおちゃこさん、プリンセス Shimaちゃんが寄せてくれた作文を紹介しました。
(原文のまま)

P Shimaちゃんは、演者Shimaさんのお子さんで、小学校1年のかわいいおんなのこです。

絵を書くことがスキです。お手紙を書くこともダイスキです。

ダイスキなとうちゃんと一緒に、11月3日のにゅーおふくでの臨時勉強会に来てくれました。


そして、お絵かきをしながら、みんなの稽古につき合ってくれました。

こんなかわいい子がおちゃこをしてくれたらいいな、と思っておねがいをしたら、

「やる!」って言ってくれました。こねこは、とってもうれしかったヨ。

その後、おうちでメクリの稽古をがんばっていること、とうちゃんのShimaさんから聞きました。

彼女の本気を知って、本当にうれしかったよ。


当日は、おばぁちゃんと、おかぁさんと、妹さんと、ちょっと風邪気味のとうちゃんとみんなで来てくれました。

そして、妹さんとお揃いの黄色の着物を着て、見事におちゃこをやり遂げてくれました。

ほんとうに、ありがとう!

その後、12月5日、山本先生の訃報にかなしみ深いこねこの元に、P Shima ちゃんから

こんなすてきな作文が届いたのです。

とってもすてきな作文なので、みんなに知ってもらいたくって特別なコーナーを設けました。

「らいねんは、とうちゃんみたいに、らくごがんばるぞ!」 に・・・う〜ん!期待しちゃうぞ!

こねこも P Shima ちゃんに負けないよう、がんばろっと!

P Shima ちゃん ほんとうにすてきな作文をありがとね!

2005年12月7日 記